« ブラジルならではの話 | トップページ | 交差点は無法地帯 »

2004年10月29日 (金)

忘れられないネギの蒸し焼き

Calcotada20001thumb正直なところ
バルセロナには余り良い印象を抱いていない
別にまた訪れてみたいとは敢えて思わない

しかし、あのネギの蒸し焼きに関しては話は別
日本のどこかで食することは出来ないものか

収穫の際に刈り取られた葡萄の枝で燻した太ネギの
黒く焦げた皮をツルツルッと剥いて
アーモンド味のタレに付けてスルスルッと口の中へ

あの味だけがバルセロナの良き思い出として
脳裏から離れず味覚の記憶として忘れられない

Scalcots20foc_1Restaurante Masia Fontscaldes
Gran Fiesta de la Calcotada

|

« ブラジルならではの話 | トップページ | 交差点は無法地帯 »

SPANISH」カテゴリの記事

+A(旧ブログの日記)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/342480

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられないネギの蒸し焼き:

« ブラジルならではの話 | トップページ | 交差点は無法地帯 »