« 100キロ・ハイク経過報告 | トップページ | オレ竜、敗れる - 流行語大賞 »

2004年11月30日 (火)

遅れ馳せながら100キロ結果報告

今の今までかかってゴールできた訳ではない

ゴール直後は皆に気を遣い連絡を控え
その翌日は私事で連絡を取り損ね今に至ったという次第

結果、予定通り28日午後プログラム終了
48名歩いて2名リタイアというのは優秀な方

今回も感動のドラマあり
題して「松葉杖での完歩」

本人は仲間に迷惑がかかるからと固辞していたが
周りの仲間がバックアップを熱望
本人を歩かせる意気込み満々だった

しかしながら最終的には医師判断により
松葉杖での完歩という伝説は実現しなかった

当の本人は本部にて48人の仲間の動向を逐一追いながら
「心の中で共に」100キロを完歩したというのがタイトルの真相

昨年は体重100キロ近い女子が
仲間の支えあって距離100キロを完歩という美談があったが
今年もまた固い友情が芽生えたに間違いナイ

|

« 100キロ・ハイク経過報告 | トップページ | オレ竜、敗れる - 流行語大賞 »

交流協会」カテゴリの記事

+A(旧ブログの日記)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/342493

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れ馳せながら100キロ結果報告:

« 100キロ・ハイク経過報告 | トップページ | オレ竜、敗れる - 流行語大賞 »