« 隣のブラジル人は体温調整苦手? | トップページ | はしご車にビックリ »

2004年11月 6日 (土)

無理し過ぎ...工場長の死

喪中ハガキのシーズンである

私のバルセロナ駐在中
はるか北方200キロ
フランス国境に近いジローナの工場にて
孤軍奮闘していたA工場長

当時小学生だった御子息様たちを思う余り
日本人学校の在るバルセロナに家族を住まわせ
ご自分は工場近くに下宿していたA工場長

休みの日ごとにバルセロナへ南下し
そして休み明けの早朝には遥か200キロ北の工場へ
そんな生活を5年も続けたA工場長

駐在期間満了し日本へ帰国後
静岡県にマイホームを建てた直後、長野県勤務を命ぜられ
スペインのときと同様に長野・静岡を往復していたA工場長

どう考えても身体が持ちこたえる筈がない...
今年6月永眠
短かすぎた生涯だった

|

« 隣のブラジル人は体温調整苦手? | トップページ | はしご車にビックリ »

SPANISH」カテゴリの記事

+A(旧ブログの日記)」カテゴリの記事

コメント

バルセロナから西。
Leridaと言う街によく通いました。
夏は暑かったです。
世界遺産のポブリ修道院にも行ったことがあります。
イスラムの時代にも信仰を守った拠点ということで、
世界遺産なんだと理解しました。
滅多に行けないところで、とても思い出深いです。

投稿: Sao Paulo | 2004年11月10日 (水) 11時58分

>Sao Pauloさん
こんな記事にもコメントいただきまして
誠にありがとうございます

スペインにもウンチクがお在りのご様子
おみそれしました

Leridaはバルセロナから移動する際
必ずと言って良いほど通過する地点ですね

私はいつも素通りばかり
立ち寄ったことはありません
世界遺産が存するとことも知りませんでした

投稿: itoken | 2004年11月11日 (木) 04時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/4839121

この記事へのトラックバック一覧です: 無理し過ぎ...工場長の死:

« 隣のブラジル人は体温調整苦手? | トップページ | はしご車にビックリ »