« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月の14件の記事

2004年12月30日 (木)

この冬2度目でビックリ

困ったものだ
今回は階下の住人の部屋から出火

帰宅したとき焦げ臭さには気付いていたが
モラル低い住民が多く住んでいるマンションだけに
エレベーターの中で誰かが吸ったタバコが
落ちて絨毯を焦がしたのだろうと高をくくっていた

今回も断固抗議すべきは非常ベル
前回あれだけ管理会社に問い合わせたのに
まったく教訓が生かされていない

今晩は起きていたので消防車のサイレンを聞き
貴重品だけを持って外に飛び出した

避難して暫し
鎮火の知らせを聞き部屋に戻るときに
初めて非常ベルが鳴っているのを聞いたほど

きっとスイッチは切られていたのだろう
消防隊の指摘を受けて慌てて鳴らしたに違いない

ボヤを出した奴にも困ったものだが
マンション管理会社には開いた口が塞がらない

| | コメント (0)

TODAY'S B.B. -3

仕事納めです

昨夜、銀行の真上で起こったボヤ騒ぎなど何事かのごとく毎度ながら店内は大混雑
警備員さんは居場所が無くてカウンターの中に立ってました

夜中に起こして悪かったと支店長に謝ると
何言ってる!教えてくれてありがとう、とブラジル人らしい返事
先走り過ぎたかと反省していたので温かい言葉に一安心

退職の一原因となった周辺への路上駐車も
相変わらず少しも解消されてないけど大目に見てあげましょう

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年12月28日 (火)

B.B.来年のカレンダー

200412282153000毎年恒例の超無難なカレンダー

日本だけでなく
ブラジルの祝日も分かるのが良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月27日 (月)

酷似

200412251118000関係無いけど...
街を歩いてて発見

ロゴの色使いが
BBと余りにも似ている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月26日 (日)

TODAY'S B.B.-2

200412250954000シャッターに施された
支店長自家製の貼り紙

これだけ見ると
26(日)は営業するつもりか?
結果は追記いたします

(12/27追記)
当然、日曜日は開いてませんでした
お粗末様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月25日 (土)

TODAY'S B.B.

200412250955000普段は土曜営業がモットー
本日はクリスマス休暇と言うことか

せっかく挨拶がてら
来年のカレンダーを貰おうと思ったのに...

もっとも土曜は朝からゴッタ返してるのが通常
営業していたとしても挨拶どころではなかったかも知れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月22日 (水)

ブラ銀支店が「地下銀行」と取引

何を今さらって感じ...

これを機に
BBの体質が改善されることを
元行員として切に祈っております

16.12.16 ブラジル銀行在日支店に対する行政処分について
ブラジル銀支店が「地下銀行」と取引:: Yomiuri On-Line
金融庁、ブラジル銀行在日支店に無期限一部業務停止命令 - asahi.com
金融庁、ブラジル銀行に行政処分
ブラジル銀行に一部業務停止命令=金融庁 - livedoor ニュース
MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月14日 (火)

他社の誘惑

itoken のポルトガル語はスペイン語ともども頼り気ない

ブラジル人のお客様からは
「あんた、ペルー人かい?」と言われるし
スペイン語圏のお客様とは必死でスペイン語応対するも
「あなたのポルトガル語とっても上手でした」と言われるし

要するに「どっちつかず」
ポルトガル語でもスペイン語でもない
「イトケン語」を話している!と揶揄する同僚も...

しかし今の職場は居心地満点!
交通費自己負担と安い給料とを除いては...

その気持ちを揺るがせる求人広告を発見!
他電話会社のポ語オペレーター募集記事
給料も今のところより高いし通勤も若干楽になりそう
おまけにスーパーバイザーは顔なじみのブラジル人女性

これは応募しないワケにはいかない!
と思いつつも
今いる温室から抜け出せない弱い自分がココに
若い頃のチャレンジ精神が皆無となった自分がココに

すっかり年をとってしまったものだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月13日 (月)

訂正:おしゃれ関係に落合信子さん出演

先週のエントリー、訂正させていただきます
「落合監督夫妻出演」ではなく
「落合信子夫人出演で落合監督特別出演」が正しかったです
ノマーさん、Toshikichiさんの予想通りの結果でした

それにしても泣かせたのは福嗣くんからの手紙でした
ガキ大将肌であの自由奔放なイメージの彼が
イジメの対象にされていたとは意外でした
高校2年とは思えないくらい文章もしっかりしていました

それから今季の落合監督の思い切り良い采配の謎が
信子夫人の言葉により少しだけ解明された気がします

無名だった時代の自分が起用された頃とオーバーラップさせ
ドラゴンズの若手に出場機会を与えているというエピソード
期待されることにより発揮されるパワーを
落合監督自身が経験しているからこその采配だったのでしょう

| | コメント (0)

2004年12月 7日 (火)

ニッパク理事あすブラジルへ戻る

凱旋帰国から約1ヶ月
日本での全てのスケジュールを終え
ニッパク交流協会ブラジル側理事は明日ブラジルへ戻る

初の試みであったブラジル側理事による
来春渡伯予定者たちへの個人面談の成果は上々
これが定着し理事の日本帰国が毎年恒例になってくれれば
後輩としては喜ばしい限り

なお下記URLは昨年JORNAL DO NIKKEYに掲載された記事
紹介されているカラオケ食堂は既に今春閉店されている
「商売には向いていないことが分かった」というのが動機とか

■平成の自由渡航者たち=運命の出会いに翻ろうされて(5)=大学卒業し通訳翻訳業=日系妻との二人三脚人生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 6日 (月)

世界ウルルン滞在記/再会スペシャル

相変わらずの便乗投稿にて恐縮ですが
以下、転送です

TBS番組「世界ウルルン滞在記」にて
今年の6月に俳優(Water Boys出演)の金子貴俊くんが
ブラジルのソール音楽グループのFAT FAMILYの家で
ホームステイをしに行くという番組がありました

そこで、今年の年末に「ウルルン」再会スペシャルで
FAT FAMILYが金子君を訪ねてくるという設定の中
在日期間中にブラジル人と日本人に向けてコンサートを開くことになりました

12月7日(火):「ブラジリアン・ナイト」
場所:渋谷区道玄坂 矢沢ビル5F
Club ASIA - Lounge NEO
チャージ:¥3,000(1ドリンク付)

*金子君とのびっくり再会のため、都内では口コミの宣伝になっています。

12月12日(日):「 FAT NATAL COM FAT FAMILY」
場所:大泉町文化むら 大ホール
チケット:¥3,000(前売り)、¥4,000(当日)

*チケットは大泉町のQuitandinha, Banana Brasil, 文化むらで売っています

以上、転送でした
関東在住の皆様、よろしければ是非

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月 5日 (日)

「おしゃれ関係」に落合監督夫妻出演

12/12(日)日本テレビ・おしゃれ関係に
落合監督と信子夫人が出演

放送時間は、22:20からです
ただし、前々番組トヨタカップが
最大1時間10分まで放送延長があります
留守録の際は延長を見越してのタイマーセットを

| | コメント (0)

2004年12月 3日 (金)

BAR ESPANA クリスマス情報

Barespanathumbニッパク情報が続いたので
久しぶりにスペイン関連ネタをば

気軽に立ち寄れる名古屋駅のバル
BAR ESPANA (バル エスパニヤ)では
12/29(水)までの期間限定にて
スパークリングワインを
お一人様につき1杯サービス中

はじめのオーダー時に
「セゾンカード」で支払う旨お申しつけください

また12/23・24は
クリスマス特別ディナー(要予約)
8000円、12000円

詳しくは下記連絡先まで
お問い合わせ下さい
(営業時間17:00~24:00 LO23:00
 日・祝日定休です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 1日 (水)

オレ竜、敗れる - 流行語大賞

今年の流行語大賞にアテネ金メダリスト北島選手の
「チョー気持ちいい」が選ばれた

本ブログでもシーズン当初からイチ押ししていた「オレ竜」は
残念ながらトップ10にも選ばれなかった

やはり日本シリーズ制覇が達成できなかったことが痛い...
2年続けてのノミネートは難しいと思われるので
来季は試合に専念して今年の雪辱を遂げていただきたい

なに?落合監督は流行語大賞なんて狙っていなかったとな?
私が勝手に盛り上がっていただけとな?
確かに...

| | コメント (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »