« ホッシャは今 (番外篇) | トップページ | 日テレ「社長をだせ!」にガッカリ »

2005年3月29日 (火)

ブラジル球児軍団、延長戦制す

Spo0327004thumbセンバツ高校野球1回戦 3月27日第1試合
八幡商(滋賀) 1-2 羽黒(山形)

記事作成が遅れましたが
以前に本ブログにて紹介した羽黒高校
初戦で勝利をおさめました!

本ブログでは次試合の結果も紹介します!

以下は3月28日(月)中日スポーツ掲載の記事です(無断掲載御免)

---甲子園NOW サッカー王国の少年も憧れる「甲子園」---
 暴投によって、三塁からサヨナラのホームに駆け込んだのは、ブラジルからきた留学生選手だった。羽黒・中島ユン中堅手(2年)の笑顔がはじけた。「お母さんに、いいプレーを見せることができて良かった。」この日、3安打と活躍。息子の晴れ姿を見ようと、ブラジルのサンパウロから甲子園までやってきた母親のケイコさん(42)は日系ブラジル人3世だ。
 マウンドでは日系3世の右腕・片山マウリシオ投手(3年)が延長12回を1人で投げぬいた。「こんな素晴らしいゲームをさせてくれた神様に感謝している。」甲子園まで応援にきた母親・ネウザさん(44)からもらった金の十字架を首から下げて181球の力投だ。4番の吉田勉右翼手(3年)とともにブラジルからの留学生3人が主力として羽黒を引っ張る。
 日系ブラジル人の部員は国際科を併設する同校が国際交流の中で発掘した。00年にサンパウロの山形県人会から「日本で野球をやりたい子どもが大勢いる」という情報を得たのがきっかけだ。
 ブラジルはサッカー王国。小中学生が対象のベースボールアカデミーはあっても、高校生以上を対象とする団体はない。
 ブラジルの野球少年たちは米国か南米のプロリーグに進むか、野球をやめるかの二者択一しかなかった。その”救済”として「甲子園」という目標のある日本の高校野球が第3の道となった。
 02年世界少年野球選手権(大阪)にブラジル代表として出場し、準優勝。決勝の後に訪れた夏の甲子園大会が、片山にとって人生の転機になった。「熱気と歓声。ああいいなあって。絶対に甲子園でプレーすると誓った」と振り返る。
 野球留学には厳しい姿勢の日本高野連も地球の裏側からの留学生には寛容だ。
 「日本の少年がブラジルのサッカーを見てあこがれるように、甲子園であれだけの熱気を感じれば、日本に来たいと思うのはごく自然なのかも」と田名部事務局長。海を越えてきた少年の夢が羽黒の甲子園勝利につながった。(阿知波浩二)

|

« ホッシャは今 (番外篇) | トップページ | 日テレ「社長をだせ!」にガッカリ »

ブラジリアン・プレーヤー」カテゴリの記事

+A(旧ブログの日記)」カテゴリの記事

コメント

久々にこちらのブログからのTBありがとうございます。
羽黒高校の選手のことは全く知らなかった
のですが、こちらの記事で知ることが出来て
良かったです。
ホッシャにも頑張って欲しいです。

投稿: DRAGONS★VICTORY | 2005年3月30日 (水) 23時05分

>奥ヒダツヨシ様
コメント&TBありがとうございます

いよいよベスト8進出です
地元勢には悪いけど私はブラジル軍団を応援します

投稿: itoken | 2005年3月31日 (木) 10時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/4812619

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル球児軍団、延長戦制す:

» ホッシャは今 (番外篇) [今を生きる]
いま甲子園球場ではセンバツ高校野球大会が開催されています かつてはホッシャ選手も [続きを読む]

受信: 2005年3月29日 (火) 13時21分

» “落合スタミナ不足”3月27日プロ野球、高校野球試合結果&ニュース [DRAGONS★VICTORY]
○中日3−2ヤクルト●  27日、13時からナゴヤドームで中日ドラゴンズ対ヤクルトスワローズオープン戦が行われた。中日の先発は中継ぎから先発に転向し先発ロ... [続きを読む]

受信: 2005年3月30日 (水) 23時01分

« ホッシャは今 (番外篇) | トップページ | 日テレ「社長をだせ!」にガッカリ »