« 荒木の美技と朝倉の犠打失点 | トップページ | 春の甲子園にブラジル旋風 »

2005年3月16日 (水)

やまちゃんチップスを探せ!

やまちゃんチップスは売られているのか?

サークルKサンクス「名古屋フェア」初日
HP上でも紹介されている
やまちゃん「スナック」をゲットした私のもとに
やまちゃん「チップス」が売られている
との情報が寄せられた

言葉のアヤと高をくくっていたら
なんと!やまちゃんホームページ上にも
「~チップス」と書かれている
しかも山本社長のコメント

やまちゃんニュース
2005/03/01 11時20分41秒
****************お待たせしましたーーー*****************
山ちゃんチップス発売になります。
サークルKサンクス様にて3月14日から名古屋フェアーにて販売されます。
又、ご賞味頂ければ嬉しいーです・・・・・・

これは只事じゃありません
さっそく
明日から「チップス」探しの旅に出ます

(3/16 追記)
ふだんは自分が電話応対の仕事をしている私が
この「クダラナイ」内容の確認のために
サークルKお客様相談室に電話をかけるという暴挙に出ました!

この手の問合せをしてくるお客様って
ちょっと変わったオーラを発していらっしゃいます
自分もそう思われているんだろうなあと思いながら尋ねてみると
「山ちゃんスナックは店頭に並んでいる1種類のみ
別でポテトチップス・タイプの製品は無い」との回答

う~ん、山本重雄社長にヤラれたなあと思いつつ電話を切り
改めて「山ちゃんスナック」のパッケージを見てみると
商品名は「世界の山ちゃん幻の手羽先味」と書いてあるだけで
「~スナック」とも「~チップス」とも何処にも無いではありませんか

更に詳しく調べてみると
裏面の表示欄に名称「スナック菓子」と
また製品紹介のコメントには
「コーンをすりつぶして作ったコーンチップに~」とあります

そもそも「チップス」とは何ぞやと
英和辞典を紐解いてみれば
「(食物・菓子・果物などの)薄切り」とあります

すなわち「チップス」と聞いて
ポテトチップスを連想するのは誤解も甚だしいということ
確かに山本社長も「山ちゃんチップス」と言っており
一言も「山ちゃんポテトチップス」とは呼んでいません

名古屋フェアのホームページで
「~スナック」と呼んでいるのも「スナック菓子」だから当然
また、コーンをすりつぶしてチップ状にしたものだから
「~チップス」と呼んでも間違いでも何でもないということ

結論
山ちゃんスナックと山ちゃんチップスとは
同一商品の別々の呼称であり
「世界の山ちゃん幻の手羽先味」が正式名称である

たったコレだけの結論に達するのに
ずいぶん悩み苦しみました(というのは冗談)
と言う訳で今回も切磋琢磨得意の独り相撲だったという訳で
本件あっけなく幕でございます

|

« 荒木の美技と朝倉の犠打失点 | トップページ | 春の甲子園にブラジル旋風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/4921670

この記事へのトラックバック一覧です: やまちゃんチップスを探せ!:

« 荒木の美技と朝倉の犠打失点 | トップページ | 春の甲子園にブラジル旋風 »