« ウッズの全力疾走がアレックスの逆転3ランを呼んだ~ (6/5、中7-6ハ) | トップページ | ホッシャは今 6/7(火) +祝!ルーキー鈴木プロ初先発初勝利 »

2005年6月 8日 (水)

この人たちに感謝!-海底ケーブル敷設船の男たち

Kddmaru_thumbNHKの人気番組「プロジェクトX」を偶然みた

わずか20年ほど前
アメリカまでの国際電話料金は3分4000円以上だった
それが今や200円足らず
その影には海底ケーブル敷設に携わった男たちの壮絶なドラマが

以下、NHKホームページより転載

6月7日放送
プロジェクトXアンコール
「太平洋1万キロ 決死の海底ケーブル」

 国際電話、インターネット、双方向画像の高度医療。「海底ケーブル」は地球20周分にあたる総延長80万キロ、情報化社会を支える血脈である。

 1989年に開通した「TPC-3(第3次太平洋横断ケーブル)」は当時、世界最長の海底ケーブル。生まれたての技術「光通信」を駆使して、日本とアメリカ双方から敷設を開始。太平洋上でのドッキングに挑む巨大プロジェクトだった。

 ケーブルを引く敷設船「KDD丸」の乗組員は80人。リーダーはKDD(国際電信電話)の細谷辰雄だった。入社後、病に倒れたが不屈の精神で船に舞い戻ってきた。

 しかし、細谷たちの前に黒潮が立ちはだかった。海底に数百メートルの誤差で敷設するためには黒潮の早さを計算し、ち密な操船、瞬時にケーブルを繰り出すタイミングが要求される。更に、海底には水深8千メートルの日本海溝が口をあける。ケーブルを襲う水圧は1トン。ガラス製の繊細な光ファイバーは水圧でズタズタになった。そして、サメがケーブルを襲うという驚愕の情報がプロジェクトを震え上がらせた。

 細谷たちはのべ134日の航海の末、ついに至難の敷設作業を達成。しかしメンバーたちを待っていたのは、アメリカ側担当の敷設船「ロングラインズ号」からの緊急連絡だった。
「ケーブル損傷! 応援を頼む!」KDD丸は再び太平洋に舳先(へさき)を向けた。

 情報の大動脈を築くため、洋上で自らの技術を尽くした男たちの知られざるドラマを描く。

以上、NHKホームページより転載
再放送は6月8日(水)深夜12:15分から(予約録画は6月9日AM12:15~1:00にセット)

|

« ウッズの全力疾走がアレックスの逆転3ランを呼んだ~ (6/5、中7-6ハ) | トップページ | ホッシャは今 6/7(火) +祝!ルーキー鈴木プロ初先発初勝利 »

映画・テレビ・漫画」カテゴリの記事

+A(旧ブログの日記)」カテゴリの記事

コメント

ブラジルに居た頃は、NHKの衛生放送ヴィデオに撮って
NHK三昧でしたっけ、プロジェクト シースの大ファンで欠かさず観てたけど、そういえば日本に帰ってNHKの受信料払ってないんで気が引けてNHKみてませんね、(民放のが面白いからかな?) 過去の放送は涙しながら毎回みてましたよ。もちろん海底ケーブルの時もね。あの曲聞くだけで感動して涙が出るようになっていた(条件反射かな?)そういえば何回かテレビCulturaで放送していたっけ、日系2世の友人はブラジル人があんなの見ても日本人みたいな感動はないだろうって言ってたけど、ブラジル人で観たという人にはあってないなあ。そういえば伊丹さんの映画はよくCulturaで放送してたなあ、なんでか理由がわからなかった、担当者の好みだろうっていうことだった。

投稿: ゆうこ | 2005年6月11日 (土) 19時03分

>ゆうこ様
「~シース」ですか
確かに!
ブラジルでも人気があったとは
さすがNHKさま様

投稿: itoken | 2005年6月12日 (日) 09時23分

今頃コメントして、いいんだか・・・

海底ケーブルのおかげで、国際電話は身近で便利なものになった。
でも、そのおかげでATX(ネットで海外に接続され、高額な国際電話料金が請求される)なんてのが発生。
当時KD○Iのコムだった私は、連日その対応におわれてましたshock 

番組は感動的でした。
素晴らしい技術も、使う人間によってどうにでもなるって事ですね。

投稿: ラスカル | 2008年5月19日 (月) 17時08分

>ラスカルさま
古い記事へのコメント
大歓迎です!!
私は他社国際担当だったので
KD○Iさまほどではなかったのですが
それでも時々問合せはありましたね
今の世の中たいせつなのは自己防衛です
他人任せでは何が起こるか分からない時代です・・・

投稿: セパ琢磨 | 2008年5月19日 (月) 22時37分

ADSL等への移行とともにATXも大分衰退しましたが、音声型(チャットが海外経由で繋がる)は健在。
国際電話の料金が一定額を超えるとお知らせするというサービスがあるんですが、「わかってます」な人には「大きなお世話」ですねthink
何事も自己責任ですよgood

投稿: ラスカル | 2008年5月20日 (火) 14時39分

>ラスカルさま
音声型なるものが
まだ猛威を振るっているのですね
勉強になりますgood
また情報提供お願いいたします

投稿: セパ琢磨 | 2008年5月22日 (木) 11時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/4854882

この記事へのトラックバック一覧です: この人たちに感謝!-海底ケーブル敷設船の男たち:

« ウッズの全力疾走がアレックスの逆転3ランを呼んだ~ (6/5、中7-6ハ) | トップページ | ホッシャは今 6/7(火) +祝!ルーキー鈴木プロ初先発初勝利 »