« 決して手を付けない最後の一口 | トップページ | ホッシャは今 12/30(金) »

2005年12月29日 (木)

ブラジルの固定電話サービスが変わる

Call_center_thumbブラジル電信庁が
固定電話のサービス方式を見直したそうです

■固定電話サービス変更
=料金は分単位で請求書明記へ
(2005年12月8日(木)、ニッケイ新聞)

エスタード・デ・サンパウロ紙の記事を
邦字紙が訳して伝えるものゆえ内容不明確な部分もありますが
推察も交えて紹介しますと

①通話回数制を廃止
→たぶん市内通話は分数に関係なく
1通話いくらという設定だったのでしょう
だとすると逆に長電話していた人からの苦情が増えそうですが

②問い合わせや苦情電話をオペレーターが一件ずつ対応
→コールセンターに繋がり難くなり
事実上のサービス低下となると考えられますが...
なにしろブラジルの人って話し始めたら止まりませんから

③プリペイド方式を固定電話にも採用
→料金回収が難しそうな国情ゆえのアイデアですね
ただ入力操作などが苦手な年配者には厳しい採択と言えます

以上、聞きかじりの情報を先行報告しました
詳細が判明したら追って記事にする予定です

|

« 決して手を付けない最後の一口 | トップページ | ホッシャは今 12/30(金) »

BRAZIL」カテゴリの記事

+A(旧ブログの日記)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/344482

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルの固定電話サービスが変わる:

« 決して手を付けない最後の一口 | トップページ | ホッシャは今 12/30(金) »