« クレーム電話の現場に直面 | トップページ | 名古屋で聴ける TRANSAMERICA »

2005年12月 8日 (木)

広島女児殺害事件、ペルー人容疑者の本名判明

Machupichu_thumbこの話題を
本ブログにて採り上げるのは初めてですが
容疑者の本名が明らかになったそうです
偽名で入国できてしまう国なんですね、日本って

そう言えばブラジル銀行勤務時代
自分の口座番号が不明のお客様が結構いて
名前で検索していましたが
スペイン語圏の人って名前の並べ方に統一性がなくて
自分自身でも分かってない場合が多々で
検索に苦労した記憶があります

今おもえば
アレは名前の並べ方が分からなかったんじゃなくて
何て名乗っているのかが分からなかったんじゃあないかと思えます
恐ろしいことです

(参考)
広島女児殺害、逮捕の男の本名は「トレス・ヤケ」
(2005年12月8日、読売新聞)

|

« クレーム電話の現場に直面 | トップページ | 名古屋で聴ける TRANSAMERICA »

SPANISH」カテゴリの記事

多文化共生」カテゴリの記事

+A(旧ブログの日記)」カテゴリの記事

コメント

知り合いでペルー育ちのブラジル国籍の人がいますが、ペルーから日本に出稼ぎに行ったときは日系として行けたんですって、ブラジルに移ってきてから再度日本に出稼ぎに行こうとしたら、とても厳しく日系でないことばれちゃって、ブラジルはごまかしのきかない厳しい国なんだって言ってた。なんかペルーではまかり通っていたようで、国がしらばっくれてるだけみたいです。
 ブラジルって南米では先進国なんだよね。

投稿: ゆうこ | 2005年12月 9日 (金) 08時05分

 まだやばい奴沢山いるよ。
 パラナ州クリチーバ日本領事館の査証審査甘いよ。
 
 サンパウロ日本総領事館、愛知県警察から出向している
 大熊博文領事がいるから厳しそう。(警備担当(公安関係)

投稿: 保見団地 | 2005年12月 9日 (金) 15時18分

 ブラジル銀行さん
 海外に不正送金して法人の取引停止処分事件ありましたね。

投稿: 保見団地 | 2005年12月 9日 (金) 15時20分

>ゆう子さん
確かにブラジルは厳しくて
他の南米国ではチェックが甘いのかも知れませんが
偽造査証を見抜けない日本にも責任はあると思いますよ

>保見団地さま
ようこそ
たくさんのコメントありがとうございます
他記事に寄せられた中に
好意的とは思えないコメントがありましたので
規制をかけさせていただきました
悪く思わないでくださいね

投稿: itoken | 2005年12月 9日 (金) 16時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/4911305

この記事へのトラックバック一覧です: 広島女児殺害事件、ペルー人容疑者の本名判明:

« クレーム電話の現場に直面 | トップページ | 名古屋で聴ける TRANSAMERICA »