« 本庄一、甲子園初出場 | トップページ | 元ブラジリアン球児たちは今 »

2008年7月26日 (土)

ブラジルコンビに早くもマスコミが注目

20080726011100周年の今年だから
マスコミが飛びつくのも当然

そう言う私も
便乗ブログ書いてますw

本庄一 ブラジルコンビが初甲子園導く

 【本庄一4―3上尾】本庄一は伊藤ディエゴ、奥田ペドロのブラジル人留学生コンビを擁し、ノーシードから創部15年目で初の甲子園切符をつかみ取った。2点リードの8回から登板したエース伊藤が1点差に迫られながらも、右ひじの痛みをこらえ、気迫の投球でリードを死守。浦和学院との昨夏決勝では登板なく敗れた右腕は「夢をかなえられてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。
 川越工の選手として甲子園に出場し、早大では1学年下の阪神・岡田監督と並んでベストナインを獲得した実績を持つ須長監督。06年に知人の紹介でブラジルに渡り「08年が(日本人のブラジル移住)100周年ということで“何かできないかな”と思っていた」と日系3世の伊藤と奥田に出会った。入学当初は言葉の壁もあったが「チームではすべて日本語で対応した」とあえて突き放した。だが、2人は練習後も寮で猛勉強する勤勉さで次第にチームになじみ、伊藤はエース、奥田は3番を務めるまでに成長した。奥田は3打数無安打に終わったが、自らが引っ張ってきた選手が活躍しての甲子園出場に、須長監督は「やっと夢がかなった」と声を弾ませた。
 今年3月に脳腫瘍(しゅよう)で倒れた母ローザさんに甲子園出場を約束していた奥田は「頑張ってる姿を見て元気になってもらいたい」。チームの躍進を支えてきたブラジリアンコンビを中心に、次は甲子園初白星を狙う。
 ▼本庄一(北埼玉)1925年創立の私立校。女子サッカーも強豪。

スポニチ 2008年7月26日

200807263525714 本庄一ブラジルパワーで初V…高校野球北埼玉大会

 ◆高校野球北埼玉大会 ▽決勝 上尾3―4本庄一(25日・大宮公園) 青い目のエースが、跳びはねながら右手を突き上げた。8回から登板した本庄一の日系ブラジル人留学生・伊藤ディエゴ(2年)は、9回1死から連打で1点差とされたが、得意のスライダーで後続を断った。初の甲子園へ導いた背番号1は「ユウショウシマシタ~」と、片言の日本語で喜びを表現した。
 夢舞台を目指し、ディエゴとともに海を渡った奥田ペドロ(2年)は、3打数無安打も四球や犠打でチームに貢献。「打てなくて残念だが、小さいころからの夢がかなった」と満面の笑顔。母・ローザさん(55)は、3月に脳腫瘍(しゅよう)で倒れた。手術は成功したが、飛行機の気圧が体に影響を及ぼすため、甲子園での観戦は難しい状況。「母のためにも、甲子園で暴れたい」。サンパウロで待つ肉親に朗報を届けるつもりだ。
 異国の地で奮闘する留学生を支えた「タッチ」のヒロインと同名の女子マネジャー・石橋みなみさん(3年)は、「いつも『甲子園に連れてって』と願ってました」と大粒の涙を流した。須長三郎監督(51)も「明るく引っぱってくれる」と、地球の裏側からやってきた2人を絶賛。春夏通じて甲子園初出場のフレッシュなチームを、ブラジリアンパワーがリードしていく。
 ◆本庄一(本庄市)1925年、塩原裁縫女学校として開校した私立校。93年、男女共学に伴って現校名に。生徒数は1407人(うち女子707人)。野球部は93年創部。部員数75人。甲子園は春夏通じて初出場。主な卒業生は池田浩美(サッカー女子日本代表)。

(スポーツ報知 2008年7月26日)

|

« 本庄一、甲子園初出場 | トップページ | 元ブラジリアン球児たちは今 »

ブラジリアン・プレーヤー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/22557414

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルコンビに早くもマスコミが注目:

« 本庄一、甲子園初出場 | トップページ | 元ブラジリアン球児たちは今 »