« 鶏肉産地偽装 | トップページ | 浜松にブラジル総領事館 »

2008年7月10日 (木)

真冬の南米にも温暖化の波?

20080710002_2南米と言えば
われわれ日本人には「暑い」
イメージしか沸かないかも知れませんが
南半球ですので基本的に今は冬です

そんな真冬のアルゼンチンから
地球温暖化が懸念されるニュースをまた1つ

アルゼンチン氷河:異例、真冬の大崩落…温暖化が原因?

【メキシコ市・庭田学】南米アルゼンチン南部にある世界遺産「氷河国立公園」のペリトモレノ氷河が9日、真冬にもかかわらず大崩落した。AP通信などが伝えた。この時期の氷河崩落のメカニズムは解明されておらず、地球温暖化が原因ではないかとの指摘も出ている。
 アーチ状になった高さ約60メートルの氷河が、湖の中に崩れ落ちた。今月4日、崩落の兆候が確認されていた。アーチ崩落は数年おきに夏の終わりごろ起き、最近では06年3月に確認された。明確な記録はないが、1917年と51年の冬にも同じ現象があったとされる。
 AP通信は、「崩落が早まったのではなく、遅れたのかもしれない」との専門家の見解を紹介。2週間前の降雨が影響した可能性も指摘した。
 氷河国立公園ではペリトモレノ氷河が最も有名。夏場には氷河の壁が豪快に崩落し、多くの観光客でにぎわう。

毎日新聞 2008年7月10日

20080710003_2

|

« 鶏肉産地偽装 | トップページ | 浜松にブラジル総領事館 »

SPANISH」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/22198245

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の南米にも温暖化の波?:

« 鶏肉産地偽装 | トップページ | 浜松にブラジル総領事館 »