« ANTA のバラード | トップページ | 43歳2ケタ勝利まで残り2勝 »

2008年8月12日 (火)

デカセギ20周年

そうですね
丁度そのくらいになりますかね
言わば
平成元年がデカセギ元年ということですね

いまブラジルからやって来る人たちは幸せです
各地にコミュニティが出来上がってますし
下手すれば日本語おぼえなくても生活できますから

初期の頃の先人たちの苦労を
少しは理解してあげて欲しいと思います

International_080811_01ブラジル移民100周年を迎えて
森本 豊富/早稲田大学人間科学学術院教授

日本人と海外移住

 戦前、そして戦後のある時期、日本は人口問題の解決策のひとつとして、「海外雄飛」することを奨励した。同じ人口問題でも、人口増加が問題であったのだ。少子高齢化が進む今の日本社会とは、まるで逆の現象である。農村人口の移動や近代医学の発展による余剰人口の発生が、はけ口を海外に求める移民の送出へとつながった。もちろん、海外渡航の理由すべてが、このことで説明できるわけではないが、大枠としてはそのような時代背景があった。
 1868(明治元)年に「元年者」がハワイのサトウキビプランテーションへ渡り、同じ年にグアムにも労働者として渡航した。今から140年前の話だ。やがて1885年に始まったハワイへの「官約移民」によって本格的な集団渡航が加速化する。しかし、北米での移民制限によって、渡航先はペルー、ブラジル、アルゼンチンなどの南米諸国、フィリピン、オーストラリア、フィジーやニューカレドニアなどの南太平洋にも広がっていった。そして、さらに満州、朝鮮半島、台湾にも多くの「殖民」を送り出した。しかし、1941年の「真珠湾攻撃」で海外への移民は頓挫する。戦後は、サンフランシスコ講和条約を経て1952年末にブラジルへの移民が再開され、パラグアイ、ドミニカ、ボリビアなどに新天地を求めて渡っていった。

ブラジル移民100周年とデカセギ

 このように世界の様々な国に日本人は移住していったが、今、地球の真裏、季節も逆の遙か彼方のブラジルで150万人を超える最大の日系人コミュニティが注目を浴びている。「笠戸丸」で移民が始まった1908年から今年がちょうど100年目。様々な行事がブラジルと日本で催されている。ブラジルでは現地のメディアが異例の扱いで日系人や日本特集を組んだ。100周年記念の式典に参列された皇太子殿下も、ルーラ大統領をはじめ官民問わず大歓迎された。移民百年を記念したコインも作られ、切手も発行され、日系農園産の豆を使ったコーヒーも発売された。
 日本でも、NHKや民放で多くのドキュメンタリーが放映された。JICA横浜にある海外移住資料館では「新世界に渡った日本人―日伯交流年 ブラジル日本移民百周年記念写真展」が企画され、今でも全国各地で展示が継続中である。8月には大学野球の早慶戦もブラジルで行われる。
 とは言え、私の知人の日系ブラジル人は、ブラジルでの熱烈な歓迎ムードの盛り上がりとは対照的な日本のメディアの「盛り下がり」には不満顔である。ブラジルの日系人社会が約150万人、日本には30万人以上。つまり、ブラジル日系人口の5分の1が日本に「還流」しているにもかかわらず、ブラジルでの祝賀ムードの陰で、日本在住の日系ブラジル人は蚊帳の外におかれているというのだ。日系ブラジル人の中には、「デカセギ20周年」を謳う声も聞かれるが、そのことを知る日本人はごく少数に限られる。
 今、日本各地で日系人とそのこどもたちが置かれている状況に対して、国は自治体や民間のボランティア団体まかせで、何ら有効な手だてを打っていない。日本社会は在住日系ブラジル人に対して「労働力」としての存在以上に、日本に移り住みつつある住民として目を注ぐ必要がある。

ブラジル移民史料館と早稲田大学「移民・エスニック文化研究所」

 日系人が集住するサンパウロに、「ブラジル日本移民史料館」という設立30周年を迎える移民史料館がある。日伯修好基金助成事業・ブラジル日本移民百周年記念協会後援事業として、同館に保存されている貴重な資料の整理と保存・活用のためのプロジェクトが今年4月に立ち上がった。早稲田大学でも、本学のプロジェクト研究所のひとつとして「移民・エスニック文化研究所」を今年の10月に正式に発足させ、支援する方向で動いている。資料の保存に限らず、現地での日本語・日本文化の維持、継承に関する調査や日本とブラジルを「環流」するトランスナショナル・マイグラントとしての移民の現状についても調査研究を計画している。戦前、日本移民協会の初代会頭をつとめたのが、早稲田大学の創設者大隈重信であった。そのことを思うと、今回の試みは、「学問の活用」として、また大学としての社会的貢献や国際交流の点からも意義深いことと考えている。

読売新聞 2008年8月11日

|

« ANTA のバラード | トップページ | 43歳2ケタ勝利まで残り2勝 »

多文化共生」カテゴリの記事

コメント

どんな場所でも先駆者の苦労は計り知れないのですね。

投稿: ゆかこ | 2008年8月12日 (火) 20時18分

>ゆかこさま
その通り!!
ありがとうね
それにしても最近
変なコメントばかりでしたから
まともなコメントが来るとホッとしますよ、本当に

投稿: 伊トケン | 2008年8月12日 (火) 21時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/22941748

この記事へのトラックバック一覧です: デカセギ20周年:

« ANTA のバラード | トップページ | 43歳2ケタ勝利まで残り2勝 »