« 第2のダリか?ガウディか? | トップページ | リオ五輪に向けて本気(マジ)です »

2008年8月11日 (月)

ブラジル対決、試合開始

20080806370私としたことが
まったくのノーチェックでした

青森山田にも
ブラジリアンプレーヤーいるんですね

今まさに本庄一と青森山田とが対戦中
どちらも頑張れ~

青森山田・マイケV呼ん打!…全国高校野球選手権

 ◆第90回全国高校野球選手権記念大会第4日 ▽1回戦 青森山田2―1日本航空(5日・甲子園)

 青森山田(青森)は日系ブラジル人・曲尾(まがりお)マイケ左翼手(2年)が活躍し、4年連続で夏の初戦突破。
 “ブラジルつながり”の奥田ペドロに負けられない。「僕も次の試合で本塁打を打ちたい」日系ブラジル人の曲尾マイケが、栗色の瞳を輝かせた。3安打と振るわなかった青森山田打線の中で、気を吐く1安打1得点。4年連続夏の甲子園初戦突破に貢献した。
 4回無死一塁。バントを2度失敗。サインは「打て」に変わった。「逆に緊張が解けた」外のスライダーを鋭く右前に流した。2点目のホームを踏むことにつながった。
 5歳のときブラジルから母の住む神奈川県に移住。期待されて青森山田に進んだが、厳しい指導がつらかった。耐えきれず昨秋、野球をやめようと思った。荷物をまとめていたとき、同級生に諭された。「お前が野球をやめたら何も残らないぞ」自分を育てるため、単身で日本に働きに出た母・ロベルタさんのことを考えた。甲子園で優勝して母を喜ばせるんじゃなかったのか―。心を改めた。
 第10日(11日)の2回戦でペドロ率いる本庄一と対戦。日系ブラジル人同士の激突だ。「負けないよう頑張る」劇弾を叩き込んで、真夏のジャパニーズ・ドリームをかなえてみせる。

 ◆曲尾 マイケ(まがりお・まいけ)1991年11月18日、ブラジル・サンパウロ生まれの日系ブラジル人。5歳で神奈川・寒川町に移住し、小学5年から一之宮ストロングスで投手として野球を始める。寒川中3年の10月に青森山田中に転校。好きなスポーツ選手はロベルトカルロス(サッカー元ブラジル代表)。ニックネームはミケ。家族は父・藤アルベルト武さん、母、弟、妹。右投げ右打ち。188センチ、81キロ。

スポーツ報知 2008年8月6日

|

« 第2のダリか?ガウディか? | トップページ | リオ五輪に向けて本気(マジ)です »

ブラジリアン・プレーヤー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/22912399

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル対決、試合開始:

« 第2のダリか?ガウディか? | トップページ | リオ五輪に向けて本気(マジ)です »