« ブラジル・サッカー金するり・・・アルゼンチンに完敗 | トップページ | 冷や汗かいてる岩瀬はヤバイ »

2008年8月20日 (水)

ソフトボール、銀メダル以上確定

200808200001あすアメリカと金メダルを賭けて再戦
リベンジを果たして欲しいですね

上野投手の体力と集中力の高さに
日本じゅうが釘付けだったと思います

それはそうとブラジリアン・プレーヤー居ましたね~
今さら大騒ぎするほどのことではナイかも知れませんが

200808190067【北京奥運】ブラジル育ちの染谷投手 ソフト日本代表 7年ぶり家族と再会

 ■日の丸背負う日系2世

 メダルが確定したソフトボール日本代表の染谷美佳投手(25)はブラジルで生まれ育ち、日本国籍も持つ日系2世だ。東京出身の父、肇さん(53)が農業をするため1980年、妻、光子さん(52)とサンパウロ郊外に移住し、授かった3姉妹の長女。父は最近までアフリカでソフトを指導した。離れて暮らす家族5人が染谷選手の応援で、約7年ぶりにそろって北京で再会した。
 ブラジルは日系人が多く、ソフトは人気がある。染谷投手は高校1年でブラジル代表となり、国際大会で日本代表と対戦し、ショックを受ける。
 うなる剛速球、視界から消える変化球、機動力を生かした攻撃。「どれもがブラジルとは別次元だった」
 日本チームのコーチに「日本に行きたい」と直訴した。日系2世、3世の多くがポルトガル語しか話さないブラジルで、染谷選手は父の教育方針から、家庭では日本語を使っていた。栃木県の白鴎大足利高校に編入学してプレーし、実業団入りを果たした。
 肇さんはソフトの経験はなかったが、「娘を練習場へ送り迎えするうち、指導も始めた」。3人娘全員がソフト選手になり、二女、由紀さん(21)は滋賀県の実業団に所属し、三女、智恵さん(18)はブラジル代表に選ばれた。
 肇さんは日本に一時帰国し、指導者として国際協力機構(JICA)のシニア海外ボランティアに応募。2006年3月から2年余り、アフリカのボツワナに派遣され、代表コーチを務めた。「子供から代表選手まで大きな夢を持って一生懸命練習していた」
 「ブラジルに帰ってソフトを普及させ、ブラジル代表コーチになり、日本と対戦したい」。染谷選手と肇さんの大陸をまたぐ夢は膨らむ。(北京 共同)

FujiSankei Business i. 2008年8月19日

|

« ブラジル・サッカー金するり・・・アルゼンチンに完敗 | トップページ | 冷や汗かいてる岩瀬はヤバイ »

スポーツ」カテゴリの記事

ブラジリアン・プレーヤー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/23117435

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトボール、銀メダル以上確定:

« ブラジル・サッカー金するり・・・アルゼンチンに完敗 | トップページ | 冷や汗かいてる岩瀬はヤバイ »