« 日伯親善高校野球 | トップページ | 超ラッキーな赤ちゃん »

2008年8月29日 (金)

名前がベタ、福山市「ステーキ・ブラジル」

分かりやすい名前ですね~
”Churrascaria(シュハスカリーア)”では
日本人客が寄って来ないという理由からでしょうね

確かに私の地元の夏祭りで
日系ブラジル人有志が屋台を開いたときも
パンに挟むんで「ステーキサンド」って名前で売ってました

ちなみに屋台メニューの”caipirinha(カイピリーニャ)”は
人気がなく、私ひとりで売上げに貢献しておりました~
お値段高めだったのでブラジル人からは敬遠され
日本人は何だか分からなくて手を出さなかったのでしょう

ブラジル料理店:本格料理で母国の文化を伝えます 福山に30日オープン /広島

 ◇ステーキに焼き鳥、お酒に音楽…
 ブラジルの元プロサッカー選手、ジョゼ・ロベルト・ダジルバさん(46)と、日系3世の妻のエリアネ・ミドリさん(42)が30日、在日ブラジル人が多い福山市松永町2に料理店「ステーキ・ブラジル」をオープンする。ステーキや焼き鳥の炭火焼き、豆をかけたご飯などの料理以外にも、酒や音楽などもブラジルで統一し、母国の雰囲気を提供する。
 福山市には約800人のブラジル人が在住するが、「福山で唯一のブラジル料理店。日本ブラジル移民100周年の今年、日本人とブラジル人が交流できる場にしたい」と夫婦は期待を込める。
 ダジルバさんは87~93年、ブラジルのプロリーグでプレー。引退後、繊維会社を設立したが、経営難で97年、夫婦で来日した。
 香川県三豊市で製材の仕事をし、01年に福山へ移住。ミドリさんが「ブラジルの文化を日本に伝えたい」と07年7月、尾道市高須町にブラジル料理店を開店した。
 しかし、駐車場がないため、「炭火を使った本格的レストランを作ろう」と、福山での新装開店を決めた。電気関連の工場で働いていたダジルバさんも店を手伝う。

 店は午前9時~午後9時ごろまで。31日には開店記念のサンバのイベントを予定している。定休日なし。ステーキは1000円前後。問い合わせは同店(084・933・4273)【黒岩揺光】

毎日新聞 2008年8月28日 地方版

|

« 日伯親善高校野球 | トップページ | 超ラッキーな赤ちゃん »

多文化共生」カテゴリの記事

コメント

こっちには「ブラジル食堂」がありますdelicious
http://r.gnavi.co.jp/f163300/

投稿: ラスカル | 2008年8月29日 (金) 13時54分

>ラスカルさま
おおっ
これは有力情報ありがとうございます
特に気に入ったのは
「パステス(空気てんぷら)」です
かっこ内は多分この店独自の翻訳だと思われます

投稿: 伊トケン | 2008年8月29日 (金) 14時24分

新婚旅行でどうぞ~wave
あんまりストーカーだと、virgoに嫌われますdanger

投稿: ラスカル | 2008年8月29日 (金) 17時21分

>ラスカルさま
ったく~
どっちがストーカーだか

投稿: 伊トケン | 2008年8月29日 (金) 18時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/23326602

この記事へのトラックバック一覧です: 名前がベタ、福山市「ステーキ・ブラジル」:

« 日伯親善高校野球 | トップページ | 超ラッキーな赤ちゃん »