« ナイフ列島 | トップページ | 勇姿よ届け!ブラジルに »

2008年8月 3日 (日)

赤塚不二夫さん逝去

Unagiinuうなぎ犬などの
生みの親として知られる
漫画家・赤塚不二夫さんが
お亡くなりになりました

ご冥福をお祈りいたします

訃報:赤塚不二夫さん死去 おそ松くん、天才バカボン

 「おそ松くん」「天才バカボン」などの作品で人気を集めたギャグ漫画家、赤塚不二夫(あかつか・ふじお<本名・藤雄=ふじお>)さんが2日午後4時55分、肺炎のため死去した。72歳。葬儀の日取りは未定。自宅は東京都新宿区中落合1の3の15。喪主は長女りえ子(りえこ)さん。
 赤塚さんは1997年12月に自宅で吐血し食道がんであることが分かり、98年3月に記者会見で公表した。摘出手術を受けた後も急性硬膜下血腫などで入退院を繰り返す。02年4月に脳内出血を起こし、入院が続いたが、親しい知人の見舞いは受けていた。06年夏、看病していた妻眞知子さんに先立たれた。関係者によると、最期は病院の集中治療室でりえ子さんらの呼びかけに目で応え、息を引き取ったという。
 35年、旧満州(現中国東北部)生まれ。45年、引き揚げ後は奈良、新潟で育った。手塚治虫にあこがれて漫画家を志望し、中学卒業後の54年に上京、工員として働きながら漫画の投稿を続けた。このころ石ノ森章太郎の同人誌に加わるとともに、若い漫画家が集まった東京都豊島区のアパート、トキワ荘に移り住んだ。
 56年「嵐をこえて」でデビュー。一昨年、漫画家生活50周年を迎えた。62年に「少年サンデー」に連載し大ヒットした「おそ松くん」は、秩序を破壊するスピード感のあるナンセンスな笑いで、新しいギャグ漫画の世界を切り開いた。その後も「もーれつア太郎」「ひみつのアッコちゃん」「天才バカボン」などヒット作を連発した。
 65年「おそ松くん」で小学館漫画賞、97年に日本漫画家協会賞文部大臣賞。98年に紫綬褒章受章。03年、東京都青梅市に「青梅赤塚不二夫会館」が開設された。07年、「天才バカボン」誕生40周年記念でベスト版が刊行されたばかりだった。

 ◇赤塚不二夫さんの主な作品
56年 嵐をこえて ※漫画家デビュー
58年 ナマちゃん
62年 おそ松くん (65年第10回小学館漫画賞)
62年 ひみつのアッコちゃん
67年 天才バカボン (72年第18回文芸春秋漫画賞)
67年 もーれつア太郎

毎日新聞 2008年8月2日

|

« ナイフ列島 | トップページ | 勇姿よ届け!ブラジルに »

交流協会」カテゴリの記事

映画・テレビ・漫画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/22737413

この記事へのトラックバック一覧です: 赤塚不二夫さん逝去:

« ナイフ列島 | トップページ | 勇姿よ届け!ブラジルに »