« 憲伸復活で3位復帰 | トップページ | よかった~、モリゾーも残留 »

2008年9月25日 (木)

ペトロブラスがキターーッ!!

P1000038黒船と言うよりは
緑船と呼ぶべきでしょうか
イメージ的に・・・

日本国内に拠点を置き
なにを企てているかと思いきや
やはり狙いは自動車運転好きの
日本の無駄遣い消費者市場でしたかsweat01

日本でガソリン小売り事業展開へ  3月にもブラジル国営石油

 【リオデジャネイロ24日共同】ブラジルの国営石油ペトロブラスが、来年3月にも日本でガソリン小売り事業の開始を計画していることが24日、分かった。同社関係者によると、サトウキビを原料としたバイオエタノールとガソリンを混合したバイオ燃料の販売も計画しており、燃料用エタノールを日本に輸出する方針。
 沖縄県に自社ブランドのガソリンスタンド1号店を開き、当面は同県内で事業展開する。傘下の石油精製会社、南西石油(沖縄県西原町)で輸入原油を精製し、バイオ燃料はガソリンにエタノールを3%混合する「E3」方式を採用する。
 バイオ燃料は温室効果ガス削減に効果があるとされ、日本の石油元売り各社が昨年4月に販売開始。経済産業省などはバイオエタノールから化学的に合成した燃料「ETBE」をガソリンに混ぜる方式を推進し、環境省などは「E3」方式を導入。2つの基準が混在し、普及の妨げになっているとの指摘もある。

共同通信 2008年9月24日

もぅひとつ、ついでにエイヤッ!

豊田通商、ブラジル社のサトウキビ由来ポリエチレンを販売

 豊田通商は24日、ブラジルの化学メーカーであるブラスケンが生産するサトウキビ由来のポリエチレンを、豊通が日本を含むアジア地域で販売することで同社と合意したと発表した。2011年ごろにブラスケンが年間20万トン生産するポリエチレンのうち、5万トンを豊通が扱う。同事業での売り上げは数十億円になるとみられる。
 ブラスケンが生産するのはサトウキビから作られるエタノールを原料にしたポリエチレンで、石油由来のポリエチレンと同等の加工性や物性を持つという。豊通は環境に優しい素材としてレジ袋や容器、自動車部品などのメーカーへ売り込む考えだ。

日本経済新聞 2008年9月24日

51p75h80cjl>大学同期の皆様へ
ブラジル駐在中のアノ男が
こんな立派な仕事を任されているんですね

もはや、環境問題は
「ブラジル」というキーワード抜きでは
語れないこと間違いないっ!

←ところで、この人いまドコに居るの?

|

« 憲伸復活で3位復帰 | トップページ | よかった~、モリゾーも残留 »

BRAZIL」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。