« ヤクルト・ユウイチ選手の親類か? | トップページ | 今年も、ポン »

2008年10月21日 (火)

悲しい言葉です・・・「日本は冷たい」

世界的な金融危機の影響を
まっ先に受けるのは Amigo たちなんですね

大手以外の会社は今が正念場
生き残りをかけて先ず行なうとしたら
人件費のカットdownそして解雇の対象は・・・

悲しすぎる現実ですcrying

日系人、一斉解雇の懸念も  「外国人同士で職奪い合い」

 世界同時不況という最悪のシナリオもささやかれる中、日本のモノ作りを支える日系人らが「切り捨て」の不安を抱えている。時給がより安い外国人労働者に差し替えられたり、外国人同士で職を奪い合ったりするケースも。「一斉解雇も起きかねない」。支援者からも懸念する声が出始めている。
 「仕事はないか」「日本語ができないと駄目みたい」。外国人が人口の約16%を占める群馬県大泉町。10月中旬の休日の昼下がり、日系人向けの商品を取り扱うスーパーでは、職のない日系ブラジル人らがポルトガル語で情報交換していた。
 1人は、日系ブラジル人のエドガル・ロペスさん(45)=仮名。大泉町にある大手家電メーカーの工場で、冷蔵庫の組み立てをしていたが、1カ月前に「明日から来なくていい」と言われた。8年前に来日。工場を転々とし、失職は15回を数えた。
 別の工場で働く妻の月収約18万円だけでは、長男を高校に進学させられない。「来年はブラジルに帰る。日本は冷たい」と唇をかんだ。

共同通信 2008年10月20日

Kt081022fti0900050000221 世界金融危機が日系ブラジル人直撃 相次ぐ派遣打ち切り

 世界的な景気減速で、県内の工場で働く日系ブラジル人の雇用が相次ぎ打ち切られている。ほとんどが派遣契約で突然の失業に戸惑い、職探しに奔走する人がいる一方、あきらめて帰国する人も多い。日系人相手の飲食店や商店の経営も苦境に陥り、1990年代初めから県内の労働現場を下支えしてきた日系人をめぐる状況は「今が一番厳しい」との声も上がっている。
 「仕事がなくなった」。伊那市内のテレビ部品製造工場に1年半ほど派遣されていた日系ブラジル人男性(42)は9月末、派遣会社からそう告げられ、10月から失業した。
 派遣会社が用意したアパートで日系人女性(22)と同居。収入の一部を母国の家族に送金してきたが、12月までに派遣先が見つからなければアパートを出なければならない。見通しはなく「どうしたらいいか、分からない」。
 安曇野市の日系人男性(32)も、派遣されている大町市内の工場での勤務が今週末で終わる。人員削減で約200人いた日系人ら派遣社員は60人ほどに。来年3月まで働く条件だったが、10月に入って打ち切りを告げられた。履歴書を携えて諏訪、上伊那地域で求職活動を始め、「早く探したい。どれでも、どこでもいい」と焦りを隠さない。
 県内では8月の有効求人倍率が3年ぶりに1倍を切り、金融危機を受けて雇用環境はさらに悪化。派遣受け入れを打ち切った伊那市のテレビ部品製造工場側は「今後増産の予定もないため、派遣契約を終了した」と説明する。同工場で働いていた日本人派遣社員らによると、派遣社員は約500人で、7割ほどが日系人。同市の派遣会社役員男性(56)は「これまでよかった南信の経済情勢も悪化しており、今は派遣したくても仕事がない」と話す。
 こうした状況を受け、同市でブラジル料理店を営む日系人女性(57)は「客の減少は特に今年に入ってから目立つ」と嘆く。ブラジル食材を販売するスーパーの日系人男性(36)も「客は7割がブラジル人。今月に入って売り上げは2割落ちた」と心配する。
 塩尻市のブラジル食品販売店では、店の窓に、帰国を前にした日系人が張る「車売ります」というビラが急増。日系人の男性店長(41)によると、店の売り上げが昨年より3割落ちる一方、店内に入居するテナントが扱うブラジル行きの航空券の売れ行きは好調という。
 店の常連客で、市内の工場で契約社員として働く日系人男性(38)は日本滞在歴約16年。帰国する仲間も多いといい、「今が一番厳しい」とこぼした。

信濃毎日新聞 2008年10月24日

|

« ヤクルト・ユウイチ選手の親類か? | トップページ | 今年も、ポン »

多文化共生」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。