« 白鴎大ブラジリアン投手にヤクルトが注目 | トップページ | 二宮正人先生、来日中 »

2008年11月10日 (月)

原監督にはWBCで頑張ってもらいましょう

20081109 日本シリーズは最終戦までもつれ込み
接戦の末、西武が巨人を下しましたfuji

私は原監督は嫌いではないですし
忍術の師匠(=亡き父)が巨人ファンでしたので
超・期間限定で「アンチ」の看板は外していました

しかしながら、本拠地東京ドームで
しかも民放は日本テレビtv
先制した巨人が終盤までリード・・・
メイク・レジェンドが完全版になってしまう~
そんな出来すぎた話は許されない!
と思っていた矢先の西武の逆転勝利leo

あのナベツネの悔しがる顔が思い浮かび
ちょっとホッとしましたhappy01
原監督にはWBCでの手腕に期待したいと思います

かくして暗黒時代は幕を閉じましたので
来年はドラゴンズがセリーグ優勝&日本一です
(また元通りの「アンチ」に戻りますrock

西武が日本一!渡辺監督1年目で頂点 日本シリーズ

 新生レオがV奪回。3勝3敗のタイで迎えた日本シリーズ第7戦(7回戦)巨人-西武は9日、東京ドームで行われ、西武が巨人を3-2の逆転勝ちでくだし4年ぶり13度目の日本一に輝いた。
 昨季26年ぶりBクラスとなる屈辱の5位に沈んだチームを、就任1年目の渡辺久信監督(43)が一気に頂点へと導いた。
 鳴りやまない拍手の中、歓喜の輪に渡辺監督がゆっくりと包まれていく。1度、2度、3度…。青年指揮官が9度、宙を待った。
 最終決戦の第7戦に巨人を倒す。球界を代表する2チームの激突には、運命じみた縁がある。今シリーズの星取りは西武○●●○●○○。巨人ファンだった渡辺監督の入団前年である1983年とくしくも同じ道をたどった。「西本さんのファンだったけど、江川さんも好きだったから思わず江川モデルのグラブを買っちゃったよ」という指揮官が再び歴史を切り開いた。
 渡辺監督の原点は、99年から3年間過ごした台湾にある。西武、ヤクルトから戦力外通告を受け、失意と反骨心を胸に「日本の監督にはなれないだろうから、北京五輪の中国代表コーチとなって日本代表を打ち負かしたい」と海を渡った。
 言葉の通じない異国で指導者としての基礎と忍耐を学んだ。その過酷な経験が、チーム崩壊の危機を救った。宮崎・南郷町でのクライマックスシリーズ直前合宿。大久保打撃コーチとボカチカによる乱闘寸前の口論が勃発(ぼっぱつ)した。罰金など両者への処分も検討されたとき、「言葉の行き違いによる争いはどこでもある。こんな程度のことで罰金なんかはいらない」。監督自らボカチカ、大久保打撃コーチとそれぞれ個人面談をして解決に導いた。ボカチカはこの日、反撃のシリーズ1号ソロで指揮官の気遣いに応えた。
 26年ぶりBクラスに沈んだ昨季から、一気に頂点に上りつめた。昨年10月11日、1軍監督就任発表で渡辺監督は、5位低迷からの再建とともに明るいチームカラー作りを掲げた。プロ野球監督史上最大の背番号「99」に「野球で100点(満点)は不可能なので、1つ下の99点を目指したい」と語った若き指揮官が、日本一を奪回。ナインに100点をあげたはずのこの夜、『常勝西武』復活が確かに見えた。

サンケイスポーツ 2008年11月9日

|

« 白鴎大ブラジリアン投手にヤクルトが注目 | トップページ | 二宮正人先生、来日中 »

BASEBALL 2007~2009」カテゴリの記事

コメント

実は私も愛知に生まれながら父と母が読売ファンという環境で育ちました。
今でも親友はじめ仲のいい友人の多くが読売ファンです。
でも私はバリバリのアンチ読売なんです。

昨日は読売の選手達の悔しがる姿と日テレアナの残念そうな実況聞きたさにTV中継を見ていました。

アンチ読売という意味ではサイコーのパートナーである阪神ファンの嫁とケタケタ笑いながらTV中継を見ていましたよ。
楽しい一夜でした。

投稿: りくぶっち | 2008年11月11日 (火) 02時25分

>りくぶっちさま
確かに阪神ファンは
「アンチ読売という意味ではサイコーのパートナー」
に間違いないですねgood
ただ敵に回すと
これほど恐ろしいものはナイですけど・・・coldsweats02

投稿: 伊トケン | 2008年11月11日 (火) 06時11分

同じくアンチ読売のdragons1999改めskyです^^

ずいぶん前のことのように思いますが、多国籍軍を若き獅子たちが打ち破る姿は爽快でした。

来季は是非ドラゴンズの若手も飛躍して欲しいですね。

遅まきながら皆様のブログへ改名のご挨拶で回っているところです。

今後も変わらずよろしくお願いします。

投稿: sky | 2008年11月27日 (木) 23時38分

>skyさま
改名なら私も得意技です
今年もセパ琢磨から伊トケンに変えました
名前は変わっても
ドラゴンズを愛する心に変わりはありません
今後ともヨロシクお願いいたします

投稿: 伊トケン | 2008年11月27日 (木) 23時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24029/25191102

この記事へのトラックバック一覧です: 原監督にはWBCで頑張ってもらいましょう:

» 平尾、連夜の決勝タイムリー! 西武、スクランブル継投炸裂で日本一! [ANQ Ritzberry Fields]
◆G2−3L◆3勝3敗で迎えた最終戦、西武は巨人先発・内海に対して、先頭の片岡がレフト前に弾き返すと、すかさず二盗を決め、早くも先制のチャンス。栗山が三振に倒れるも、中島の打席で内海が暴投を犯し、片岡は三進。しかし、中島のショートゴロで片岡は三本間に挟ま....... [続きを読む]

受信: 2008年11月10日 (月) 20時33分

« 白鴎大ブラジリアン投手にヤクルトが注目 | トップページ | 二宮正人先生、来日中 »