« 「プリント海苔」と言うらしい | トップページ | 木の葉隠れの術でござる »

2009年2月 4日 (水)

全編ブラジル・ロケ、映画『PLASTIC CITY』

4061784269_2楽しみです!!

オダギリ・ジョーが主役を演じる
日本/ブラジル/中国/香港合作
映画『PLASTIC CITY』
いよいよ3月14日公開です

彼自身は言及を嫌がっている様ですが
言わずとも知れた「仮面ライダー・クウガ」で
世のお母さま方をイケメン・ライダーの虜にした張本人

かの藤岡弘将軍同様に
いつか彼も自らの経歴を誇りに思って欲しいですね

0902040505000オダジョー、ブラジル「食事おいしかった」

 俳優、オダギリジョーの主演映画「プラスティック・シティ」(3月14日公開、ユー・リクウァイ監督)の完成会見が3日、都内で行われた。ブラジルで撮影し、「食事がおいしかった。ブラジルでも生きていけると思った」。共演の香港俳優、アンソニー・ウォン(47)はオフの日に一緒にサッカーをして、「オダギリはサッカー選手になってもスターになれると確信した」。

サンスポ 2009年2月4日

200902031825589182オダジョー、合作映画公開前にブラジルロケを回顧

 中国・香港・ブラジル・日本の合作映画「PLASTIC CITY プラスティック・シティ」の日本公開を前に3日、都内で記者会見が行われ、主演のオダギリジョーさん、共演のアンソニー・ウォンさん、ユー・リクウァイ監督が出席した。
 映画は、ブラジル・サンパウロを舞台に、闇の世界に生きる日系ブラジル人のキリン(オダギリさん)と義理の父ユダ(アンソニー)の“血のつながりよりも堅く結ばれた”きずなを描いた物語。08年のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品された。
 すべてブラジルで行われたという撮影について、オダギリさんは「毎日がトラブルだらけで、経験したことがない苦しみを感じた。でも、ブラジルの食事は口に合う。食べ物に関しては、僕はブラジルで生きていかれるな」。一方、アンソニーさんは「僕はブラジルでは生きていかれない。オダギリにラーメンと日本食をごちそうになったのだけど、これがなかったら今頃わたしはここにいないよ」と苦笑いした。
 オダギリさんは日本語で、香港を中心に活躍中のアンソニーさんは広東語で、リクウァイ監督は英語での会見となり、会場にはさまざまな言語が飛び交っていた。

映画「PLASTIC CITY プラスティック・シティ」

3月14日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿バルト9ほか 全国順次ロードショー
出演:オダギリジョー、アンソニー・ウォン(『インファナル・アフェア』/香港)、チェン・チャオロン(『愛情萬歳』『楽日』/台湾)、ホァン・イー(『呉清源 極みの棋譜』/中国)、タイナ・ミュレール(ブラジル)
中国=香港=ブラジル=日本合作
監督:ユー・リクウァイ/脚本:ユー・リクウァイ、フェルナンド・ボナシ

オフィシャルサイト:http://www.plasticcity.jp/

読売新聞 2009年2月3日

0016779オダギリジョーがアンソニー・ウォンのズラを暴露!?

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 3日、映画『PLASTIC CITY』の記者会見が日本外国特派員協会にて行われ、主演のオダギリジョーとアンソニー・ウォン、そしてユー・リクウァイ監督が登壇した。

映画『PLASTIC CITY』

 本作のロケは昨年春、全編をとおして南米・ブラジルで行われた。「ブラジルは日本の正反対にあり、日本から一番遠い国。旅行ではめったに行けないので、出演依頼を受けたとき、これは乗っといた方がいいと思って」とオダギリは出演を決めた動機をジョーク交じりに話した。しかも、昨年は日系移民100 周年という記念すべき年。「そんなときにブラジルにいられたことを幸せに思います」とコメントした。
 ブラジルの食べ物はオダギリの好みにピッタリ合ったそうで、「毎日のように豆をご飯にかけるフェジョンという料理を食べていました。野菜も果物もおいしくて、これはブラジルに住めると思いましたね」とオダギリ。その横で共演のアンソニーは「僕は無理!」と苦笑いしていた。
 本作ではオダギリとアンソニーは義理の親子役。記者から「実際にアンソニーみたいな父親がいたらどうか?」という質問を受けたオダギリは「内緒なんですが、今日、アンソニーはかつらをかぶっているんですよ」と暴露。そして「そういう本気か冗談かわからないことを平気でやる人を父親に持ったら、かなり楽しいのでは」と笑いながら答えた。それを受け、アンソニーは「今日つけているかつらは日本で買ったんだ。日本のかつらは世界一だね」とカミングアウトし、会場の笑いを誘った。
 本作は、ブラジルで生まれ育った日系人キリン(オダギリ)と義理の父・ユダ(アンソニー・ウォン)、血のつながりよりも堅く結ばれた二人の男をめぐる激しくも美しいクライムムービー。ユダが仕切るショッピングモールで闇家業をしていたキリンだが、ある日、何者かがユダの命を狙ったことをきっかけに、キリンの人生が急展開し始める。

映画『PLASTIC CITY』は3月14日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿バルト9ほかにて全国公開

シネマトゥデイ 2009年2月4日

|

« 「プリント海苔」と言うらしい | トップページ | 木の葉隠れの術でござる »

BRAZIL」カテゴリの記事

映画・テレビ・漫画」カテゴリの記事

コメント

えっ!? オダギリ・ジョーさんは
「仮面ライダー・クウガ」に
出演していたんですか!?
まったく知りませんでした。

それにしても、本名の「小田切譲」にしても
めちゃくちゃカッコイイ名前ですね。
関係ないですが、プロゴルファーの
「深堀圭一郎」も、私的カッコイイ名前
ランキングの上位に入ってますupwardright

投稿: ドライチ | 2009年2月 4日 (水) 22時52分

>ドライチ師匠
ドラゴンズねた以外でも食いついてくれて
感謝感激あめアラレです

クウガの他にも
脇役ですが「仮面ライダー・アギト」の要潤とか
主役で「仮面ライダー響鬼」の細川茂樹とか
ライダー・シリーズは売れっ子の登竜門となってます

悪の組織の戦闘員でもなんでも良いですから
私も使って欲しいところですよ・・・

投稿: 伊トケン | 2009年2月 4日 (水) 23時28分

伊トケンさん 今晩は

私も何気に オダギリ・ジョー好きです。
個性派男優ですよね。

映画は観たことはありませんが、2004大河ドラマ「新撰組」の斉藤一役素晴らしかったです。

投稿: sky | 2009年2月 6日 (金) 01時02分

>sky 師匠
二世くんは
仮面ライダーなんか卒業ですかね?
有望なプロ野球選手か
カメラマンになってくれるのが楽しみです

私はライフ・カードのCMの
オダギリジョーが好きですw

投稿: 伊トケン | 2009年2月 6日 (金) 01時20分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「プリント海苔」と言うらしい | トップページ | 木の葉隠れの術でござる »