« 「LIO DE JANEIRO」とか「ヴィーダ・ノ・ジャパオ」とか | トップページ | 「プリント海苔」と言うらしい »

2009年2月 1日 (日)

子供とブラジル食しかないのか・・・

640x640_163038昨今の「負のニュース」を払拭して
明るい多文化共生をアピールするには
やはり子供とブラジル食を
前面に押し出すしかないんでしょうか?

そう言えば最近、ブラジル食に行ってません・・・
地元・三重の名店と言えばここ ↓
Plaspa Rest.Suzuka (プラスパレスト・スズカ)

座敷席アリの日本人にも入り易いお店です
味付けもコテコテのブラジル風ではありませんので
三重県近郊にお住まいの方、是非ご利用くださいませ

さて、本題に戻りまして
子供とブラジル食を前面に押し出した
ほのぼの~な話題を1つ

2009013102100103【石川】ブラジル料理でスペシャル給食 小松・第一小
日系児童も笑顔


 県内で最も多く日系ブラジル人の子どもたちが通う小松市白江町の第一小学校で三十日、ブラジル料理の給食が出され、全校児童六百九十六人が同国の味を堪能した。
 メニューは、豆スープの「ソッパフェイジョン」や鳥肉入りコロッケ「コッシーニャ」などブラジルの一般的家庭料理。四年三組の教室では、児童三十六人が「いただきます」と大きな声であいさつをした後、給食を食べて「おいしいね」「甘いね」などと笑顔を見せていた。
 日系ブラジル人の藤川ヤン君(9つ)、小島マユミさん(9つ)、松永サユリさん(10)は「お母さんの作る料理と同じ味がする。今までの給食の中で一番おいしい」と話していた。  (増田育子)

中日新聞 2009年1月31日

|

« 「LIO DE JANEIRO」とか「ヴィーダ・ノ・ジャパオ」とか | トップページ | 「プリント海苔」と言うらしい »

多文化共生」カテゴリの記事

コメント

飲食に貪欲な私ですが、
ブラジル料理はまだ一度も
食べたことがありません。

味の傾向はどんな感じなのか、
どんなメニューがお奨めなのか、
興味津々でありますhappy01

投稿: ドライチ | 2009年2月 1日 (日) 09時24分

>ドライチ師匠
ブラジル料理の味付けの基本はニンニクですね
フェイジョンという小豆に似た豆の煮込みがお薦めです

これを御飯にかけて食するわけですが
多くの日本人は甘い小豆を想像してしまい
はじめは躊躇してしまうみたいです

投稿: 伊トケン | 2009年2月 1日 (日) 10時44分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「LIO DE JANEIRO」とか「ヴィーダ・ノ・ジャパオ」とか | トップページ | 「プリント海苔」と言うらしい »