« 聖地巡礼、初「ピカイチ」 | トップページ | 2016年のオリンピックはリオで是非!! »

2009年2月18日 (水)

ブラジル球児さん、いらっしゃ~い

2009021502100124日本プロ野球界に今
ブラジリアン・プレーヤーが
ちょ~っと少なめになってますので
引用記事のような
地道な活動を通じて
また良い選手たちが大勢
日本にやって来てくれることを
願ってやみません

ドラゴンズからヤクルト・ファンに乗り換えようかな~
(切腹!!)

2009021502100123【シリーズ現場】ブラジル球児に夢を 『野球移民』 金沢の西田武さん

賛同者募り 道具寄贈で恩返し

 ブラジル日本移民百周年(二〇〇八年)を機に、金沢市打木町の西田武さん(66)らが、不用になった野球道具を集め、現地へ送る活動を始めた。西田さんにとってブラジルは青春時代を過ごした“第二の故郷”。昨年末以来、口コミで賛同者を募り、集まったボールやバットなどを近く第一弾として発送し、ブラジルの野球少年らを支援する。 (能美・田嶋豊)

 一九六二年三月。大きな夢を持った十人の青年が約五十日間の船旅で、ブラジルへ渡った。金沢市立工業高校(金沢市)の遊撃手として甲子園の土を踏んだ経験のある西田さんもその一人。当時、十九歳だった。
 ブラジル野球のレベル向上と親善交流を目的に、現地にある日本の機械製造業が日本各地から大学、高校野球の出身者を選抜。「野球移民」としてサンパウロ州モジダスクルーゼス市の企業に入社し、野球部に加わった。
 ブラジルといえば、サッカー。しかし、野球も日系人を中心に人気があった。西田さんらは仕事の傍ら、野球に明け暮れた。
 コーヒー畑を見ながらバスに二十四時間揺られて遠征したこともあった。手作りのフェンスをこしらえるなど、野球の普及にも汗をかいた。「素朴な中に熱く、心からの交流ができた」と振り返る。
 西田さんはスタープレーヤーとして約四年半活躍し、ブラジルを去った。が、その後、不安定な経済情勢などから、日系人を中心とした野球交流は途絶えた。

2009021502100124_2    ○  ○

 あれから数十年。西田さんの頭をよぎるのは心の温かさ、和といったブラジルの日系人が大切にしているものだった。
 昨年八月末から九月にかけ、ブラジルで「日伯親善高校野球大会」が開かれた。移民百周年の記念大会で、夏の甲子園を戦ったメンバーで編成したオールジャパンが、十一年ぶりに渡伯した。西田さんも二十二年ぶりに現地を再訪し、親善試合では始球式を務めた。
 現地では、経済的な事情で道具さえままならない。野球を通じた心の教育、育成に取り組む現地の仲間から「力を貸してほしい」と相談を受けた。
 西田さんは「励まし合いながら、助け合う精神を学んだブラジルへ恩返しがしたい。石川から全国に呼び掛けたい」と決意。「同時に『人をつくる』『心を豊かにする』という大事な役割を日本の少年や保護者にも伝えたい」と力を込めた。

   ○  ○

 西田さんの知人で、金沢市黒田一でバッティングセンターを経営する平野克俊さん(66)は、センターに通う野球関係者や球児らに協力を呼び掛けている。
 小学時代のバットやグローブを寄せた双子の引地大志君、勇志君(金沢市緑中三年)は、「ブラジルの野球事情を知った。何か協力できればうれしい。将来は交流できればと思う」と話した。
 平野さんは「子どもたちも野球仲間として身近に感じるのでは。技術、体力はもちろん、野球を通じて得るものは人間性。活動に参加し、これからの人生の中で少しでもプラスになってくれればと思う」と目を細めた。

    ◇

 ボールやバット、ユニホームの古着など野球道具は随時募集している。問い合わせは、西田さん方=電話076(249)1046=へ。


 ブラジル野球  ブラジル国内にプロはなく、アマチュアクラブチームなどの全国大会がある。近年、日本高校野球界ではブラジルから野球留学し、甲子園やプロ野球で活躍する選手も出てきた。日本プロ野球界では東京ヤクルト・スワローズがいち早くブラジルに野球アカデミーを開き、選手育成に取り組む。岩村明憲選手が所属する米大リーグ・レイズも昨年、ブラジルでの野球アカデミーの計画を発表。ジュニア世代の育成と選手発掘に取り組むなど、注目が集まりつつある。

中日新聞 2009年2月15日

|

« 聖地巡礼、初「ピカイチ」 | トップページ | 2016年のオリンピックはリオで是非!! »

ブラジリアン・プレーヤー」カテゴリの記事

多文化共生」カテゴリの記事

コメント

今まで知らなかったブラジルの野球事情などが
よく分かりました。貴重な情報、有難うございました。

ヤクルトの松元ユウイチ選手がブラジル出身
ということは最近、選手名鑑で知りました。
もっとドラゴンズ以外のことも勉強しなくては!

投稿: ドライチ | 2009年2月19日 (木) 09時53分

>ドライチ師匠
いえいえ、とんでもないです
私はただ新聞記事を見つけて
貼り付けてるだけですから

もしヤクルト・ファンに寝返ったとしても
冷たくしないでくださいね
(もちろん冗談ですから安心してください)

投稿: モア伊 | 2009年2月19日 (木) 10時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« 聖地巡礼、初「ピカイチ」 | トップページ | 2016年のオリンピックはリオで是非!! »